集え!陸マイラー!

優良コンテンツだからこそ気をつけたいANAマイルの貯め方・落とし穴

優良コンテンツだからこそ気をつけたいANAマイルの貯め方・落とし穴

優良コンテンツだからこそ気をつけたいANAマイルの貯め方・落とし穴

ここで紹介する内容は「ANAマイルをYahoo!ショッピングで貯めるときに気をつけたいこと」です。早速、ANAマイルを貯めること、そして注意点についてお話をしていきます。

 

 

大手「Yahoo!ショッピング」でANAマイルを貯める

昨今、ネットショッピングは生活に根付いた1つのコンテンツのため、利用する方は多いと思います。中でも、楽天・Amazon、そしてYahoo!ショッピングは、群を抜いて利用者数が多いといえるでしょう。結果、この3社でしのぎを削っている状況ともいえます。

 

そんな激戦を繰り広げる中、Yahoo!ショッピングでは、他社と差別化を図るために ""ANAマイルを貯めることができる"" という選択肢をとったわけですね。生活に必要なモノがほとんど揃うサイトなだけあり、ANAマイルを大量に得るチャンスがあるため、マイラーにとってはありがたいサービスといえるでしょう。

 

これが、「ANAマイルをYahoo!ショッピングで貯める」という大まかな状況になります。

 

 

ANAマイルとYahoo!ショッピングに落とし穴が多い

さて、先の状況を見れば「非常に便利でANAマイル貯めやすい」というイメージが付くかと思います。しかし、注意して利用しないと効率よく貯めることができない可能性があります。それが以下に紹介する内容となります。

 

場合によっては、マイルではなくTポイントでポイントを貯め、そこからANAマイルへポイント交換した方がよいほどです。状況に応じて、貯めるポイントを選択したいところですね。

 

マイル積算の対象外ケースが多い

例えば、注文してから確定するまでに2ヶ月以上の期間を要するような商品の場合は積算対象外となってしまいます。中には、発売延期が重なってしまい、ゆうゆう2ヶ月以上を要してしまう場合が、ザラにあります。結果、マイル取得失敗となることも。この他にも、中古車(バイクも含む)は対象外だったり、外部ストア購入も対象外と意外と条件が厳しい場合もあるので注意をしましょう。

 

複数回購入の場合は都度経由?

システム的な問題で、複数回購入する場合には、ANAマイレージモールを、その都度経由をしなければ、マイルが積算されません。この条件を知らないANAマイラーは多く、トラブルに発展していることもあります。かなり面倒ではありますが、きっちりとマイルを貯めるためにも、その都度、ANAマイレージモールを経由するようにしましょう。

 

マイル積算までの時間が異様に長い

ヤフオク!と同様に、購入し確定したにも関わらず、マイルが積算されるまでに、かなりの時間を要してしまいます。Yahoo!ショッピングの場合は、最長で6ヶ月と明言されています。早くとも3ヶ月も要するため、直ぐにマイルが欲しい場合には、あまり相性のよくない貯め方となっています。

 

 

上手に付き合っていけば優良コンテンツ!

ネガティブキャンペーンのような形になってしまいましたが、上記のことをしっかりと頭にいれて、上手に付き合っていけば、優良なコンテンツということは間違いありません。300円で1マイルと還元率は、お世辞でもよいとはいえませんが、欲しいものはほとんど揃うかと思うので、ANAマイルを得る機会は多いといえます。そういった意味では、かなりの優良コンテンツとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ